mineoドコモプランには直近3日間の速度制限がない!?

mineoドコモプランには直近3日間の速度制限がない!?

 

 

 

 

格安SIMを使っていると、けっこうありがちなのが直近3日間のデータ利用による速度制限です。

 

速度制限がかかるとデータ通信速度は遅くなってしまうので、できればひっかかりたくはないです。

 

実はmineoのドコモプランにはこの直近3日間の速度制限はないのですが、auプランには直近3日間の速度制限があります。

 

mineoではどのような速度制限が発生するのかをご紹介します。

 

 

 

 

 

格安SIMの速度制限は2種類ある

 

格安SIMのデータ通信を行う時には、データ通信の速度制限に気を付けながら使わないといけません。

 

この速度制限ですが、2種類の制限があります。

 

 

契約したデータ通信容量を超えた時の制限

 

1ヶ月ごとに使える高速データ通信容量を最初の契約時に決めています。

 

この契約したデータ通信量を超えて、高速データ通信を行った場合に200kbpsくらいの低速データ通信に速度制限されてしまいます。

 

どの格安SIMでもデータ定額のプランで契約をしていれば、必ず行われる制限です。

 

 

直近3日間で規定容量を超えた時の制限

 

当日を含まない、前日までの直近3日間で決められたデータ通信量を超えてデータ通信をしたときに制限がかかります。

 

この制限に関しては、事業者ごとに異なります。

 

直近3日間の高速データ通信量が3GBを超えた場合に200kbpsに制限をしたり、直近3日間の低速データ通信が366MBを超えた場合に200kbpsより更に遅い速度制限をしたりと、様々な制限があります。

 

 

 

mineoのドコモプランは直近3日間の速度制限は無し

 

mineoのドコモプラン(Dプラン)はどうかというと、直近3日間の制限はありません。

 

この制限を設けていない格安SIMはほとんどないので、mineoのドコモプランはかなり良いです。

 

低速データ通信の制限も無いので、200kbpsであれば使い放題になります。

 

ネットラジオ程度なら200kbpsで十分なので、mineoスイッチで速度制限しながら無制限に使うこともできてしまいます。

 

 

 

mineoのauプランは直近3日間で3GBを超えると速度制限有り

 

mineoのauプラン(Aプラン)に関しては、直近3日間の制限があります。

 

当日を含まない、前日までの直近3日間で高速データ通信量が3GBを超えた場合、終日200kbpsの低速通信に制限されます。

 

とはいっても3GBなので、ヘビーユーザーでない限り引っかかりにくい制限ではあります。

 

この制限はmineoが設けている制限ではなく、KDDIが設けている制限なので外しようがありません。

 

auプランの直近3日間制限は、今後もこのまま続くと思います。

 

 

低速通信に関しては速度制限がないため、ドコモプランと同じく200kbpsであれば使い放題できます。

 

 

 

mineoのドコモプランは直近3日間の速度制限なしで使いやすい

 

 

 

mineoのドコモプラン、auプラン共に速度制限は緩いので使いやすいです。

 

特にドコモプランに至っては契約したデータ通信容量を超えた時しか速度制限されないので、使い勝手は抜群です。

 

けっこう他の格安SIMでは何らかの3日間制限を設けているところが多いので、そういった制限を気にされる方はmineoのドコモプランが特に良いでしょう。