【徹底比較】mineoとauピタットプランはどっちがおすすめ?

【徹底比較】mineoとauピタットプランはどっちがおすすめ?

 

 

auから格安SIMへの流出を防ぐプランとして、格安料金プラン「auピタットプラン」が提供開始されました。

 

格安SIMへの対抗策として打ち出されたプランだけあり、料金は安そうに見えます。

 

しかし、本当に料金が安くなるのでしょうか?

 

mineoと比較をしながら検証をしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

auピタットプランの料金について

 

それでは、まずauピタットプランの料金について見ていきましょう。

 

auピタットプランは、通話スタイルによって「スーパーカケホ/カケホ/シンプル」のいずれかから選ぶことができます。

 

  • スーパーカケホ:5分かけ放題
  • カケホ:無制限かけ放題
  • シンプル:かけ放題なし

 

 

3タイプの料金は、下表の通りになります。

 

タイプ 〜1GB 〜2GB 〜3GB 〜5GB 5GB超〜20GB
スーパーカケホ 1,980円 2,980円 3,480円 4,480円 5,480円
カケホ 2,980円 3,980円 4,480円 5,480円 6,480円
シンプル 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円 4,980円

 

 

 

mineoとauピタットプランの料金を比較

 

次にmineoとauピタットプランの料金を比較してみます。

 

mineoはauプラン(Aプラン)のデュアルタイプ(通話SIM)を、auピタットプランはかけ放題なしの「シンプル」で比較します。

 

 

データ容量 mineo au
500MB 1,310円 −(無し)
1GB 1,410円 1,980円
2GB −(無し) 2,480円
3GB 1,510円 2,980円
5GB −(無し) 3,980円
6GB 2,190円 4,980円
10GB 3,130円
20GB 4,590円
30GB 6,510円 −(無し)

 

 

比較すると、mineoの方が明らかに安いです。

 

 

 

auピタットプランの3つの注意事項

 

auピタットプランに加入する場合、3つの点に注意した方がいいです。

 

auスマートバリューが前提となる

 

auピタットプランの1,980円〜というのは、auスマートバリューによる割引が前提となっています。

 

auの光インターネットサービスに加入しなければいけないので、結構微妙です。

 

もしauスマートバリューを適用しないと、500円または1,000円高くなってしまいます。

 

 

従量制プランなので使い過ぎに注意が必要

 

使ったデータ通信量によって、月額料金が高くなってしまいます。

 

通常プランであれば使いすぎた場合は低速通信での利用になりますが、auピタットプランは上限はありますが使った分だけ請求となるので注意が必要です。

 

 

毎月割が適用とならない

 

auピタットプランに加入すると、スマホ購入の際に月々割引がされる「毎月割」の適用がなくなります。

 

ただし、au端末購入サポートは対象となるようです。

 

実際にスマホ端末がどれくらいになるのか下調べをしておかないと、結局月額料金が高くなってしまうので注意が必要です。

 

 

 

【結論】安くするならmineoの方がいい

 

格安SIMに対抗してのauピタットプランということでしたが、制限も多く使いづらいイメージとなっています。

 

料金を安くするのであれば、格安SIMには及ばない感じが残念です。

 

 

こういった感じなので、月額料金を安くするのであればauピタットプランよりmineoがお勧めです。