mineoでデータ通信量が契約した通信量を超えた場合の対応方法

mineoでデータ通信量が契約した通信量を超えた場合の対応方法

 

mineoで契約していたデータ通信量の上限を超えてしまった!

 

データ通信をついつい使いすぎてしまう月ってあると思います。

 

上限を超えてしまうと、200kbpsの低速通信になってしまうので高速通信に慣れてしまっている人には厳しいです。

 

そんな時のために、mineoでは対応方法が4つ用意されています。

 

 

 

 

 

上限を追加する「パケットチャージ」

 

 

パケットチャージは、決められているデータ通信容量の上限を追加できる有料のオプションサービスです。

 

100MB毎に162円と割高ですが、データ通信容量が少し足りなくなった時には便利です。

 

どうしても高速通信を使いたいけどデータ通信容量が足りないという時には、このサービスを使うとよいでしょう。

 

 

グループでデータ通信容量を共有する「パケットシェア」

 

 

当月中に使いきれなかったパケットは翌月に使えるデータ通信容量として繰り越されます。

 

繰り越されたパケットを、決められたグループ内でシェアすることができる無料のオプションサービスです。

 

  • グループは契約者と同一住所の方で、最大5回線(契約者の回線を含む)までとなります。
  • 繰り越したパケットは優先的に使われますが、翌々月までパケットが繰り越された場合は、パケットが消えてしまうのでご注意ください。

 

 

誰にでも贈れる「パケットギフト」

 

 

使わなかったパケットを友人や知人にプレゼントすることができる無料オプションサービスです。

 

プレゼントするデータ容量は10MB単位で指定して、最大9,990MBまで指定できます。

 

グループを組んでいない人にもパケットをプレゼントできるので、使うことのなかった消えてしまうパケットを活用するのにも便利です。

 

パケットギフトはmineoのマイページから手続きできます。

 

 

使い過ぎを抑える「mineoスイッチ」

 

 

データ通信をしているときに、高速データ通信から低速データ通信に切り変える無料アプリがmineoスイッチです。

 

mineoスイッチを使うと低速データ通信で通信を行うので、高速データ通信の残量が減りません。

 

データ通信容量の節約をしたい方にオススメのアプリです。

 

 

どうしてもダメな場合はコース変更しよう

 

使いすぎてしまう月は節約やパケットのやりくりを上手くすれば問題ないです。

 

しかし、当初考えていたよりも明らかに多くデータ通信をしてしまう状態が何カ月か続くようであれば、基本データ容量変更(コース変更)をした方がよいです。

 

コース変更に伴う手数料は不要なので、データ通信容量を増やしたい場合はぜひ申し込んでください。

 

変更のお手続きは毎月25日までの受付をしています。
変更の適用は手続きの翌月からとなります。

 

 

 

 

Top⇒mineoの評判はどう?ドコモからMNP乗り換えして確かめる!