バースト機能があるから安心!mineoスイッチでデータ通信を節約

バースト機能があるから安心!mineoスイッチでデータ通信を節約

 

 

 

mineoには高速データ通信の使い過ぎを防ぐためのアプリ「mineoスイッチ」があります。

 

mineoスイッチを使うと、高速データ通信と低速データ通信を切り替えることができ、データ通信容量のムダ使いを防ぐことができます。

 

今回は、このmineoスイッチについてお話ししようと思います。

 

 

 

 

 

mineoスイッチはデータ通信容量の節約アプリ

 

mineoで契約しているデータ通信容量を使い切ってしまった場合、200kbpsの低速データ通信に自動で切り替わります。

 

しかし、mineoスイッチを利用すると、高速データ通信を行う「高速モード」と低速データ通信を行う「低速モード」の切り替えを自分で行えるようになります。

 

 

 

 

 

なぜ、わざわざ遅くするためのアプリがあるかというと、容量の節約になるからです。

 

 

例えば、動画視聴など高速データ通信を利用する場合はmineoスイッチをオフにして高速通信で視聴します。

 

視聴し終わったら、mineoスイッチをオンにして200kbpsの低速モードに戻します。

 

低速モードに切り替えると契約したデータ通信容量を消費しないので、、データ通信容量をムダに使うことなく節約できます。

 

 

 

mineoスイッチの使い方

 

mineoスイッチの使い方はとても簡単です。

 

 

まず、「mineoスイッチ」をダウンロード・インストールします。
Androidスマホの場合は、GooglePlayから、iOSの場合はAppStoreから入手できます。

 

そして、アプリを起動して「節約ON」ボタンをタップすれば一発で200Mbpsの低速モードに切り替えられます。

 

高速モードに戻すには同じボタンをもう一回タップすれば高速モードに戻ります。

 

 

ウィジェットモードが便利

 

 

mineoスイッチにはウィジェットモードがあります。

 

常時スマホの画面上に「mineoスイッチ」を表示させることができるので、mineoスイッチで本格的に節約をするときは活用してください。

 

 

 

200kbpsの低速モードも意外に使える

 

200kbpsの低速モードで何ができるのでしょうか?

 

まず、mineoの050通話アプリ「LaLa Call」は問題なく通話ができます。

 

ホームページの閲覧も、あまり画像の無いホームページくらいであればサクサクと読み込みむことができます。

 

実はmineoには「バースト機能」と呼ばれる機能があります。

 

バースト機能は200kbpsの低速モード時に、最初のデータを少しだけ高速モードで読み込んでくれる機能です。

 

高速モードで読み込んでくれるので、容量が軽いホームページであれば、さっと表示できるようになっています。

 

 

 

 

 

その他にもLINEなども問題なく利用できます。

 

動画視聴や地図アプリなどは難しい

 

200kbpsでも色々とできますが、さすがに大容量のデータを必要とする動画の視聴や地図アプリなどは難しいです。

 

こういった大容量のデータが必要な時には、高速モードを利用するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

mineoスイッチは手軽に高速モードと低速モードを切り替えできるので、使い勝手の良い節約アプリです。

 

低速モードでも、メールやLINE、軽いホームページの閲覧くらいならスムーズに行えます。

 

「ちょっと節約すれば契約しているデータ通信容量を変えなくて済む」

 

こういった場合には、mineoスイッチがとても役立ちます。

 

データ通信容量の節約をしたいという方は、ぜひmineoスイッチを使ってみてください。